2015年 6月 の投稿一覧

効率的に空いた時間で収入を得ていく

良い会社員の条件としては、会社の仕事をしっかりとこなして将来的にも自分のスキルを高めていくような社員であると考えます。しかし、多くの社員は自分の現在の給与に不満を抱えていることが多くあるのです。

将来的に大きく給与が増える状況ならば仕事のやる気も高まる事があります。そのような期待をしながら仕事に取り組んでいくことが大事であり、モチベーションをある程度維持しながら仕事を続けていきます。

ところが、このような考え方で仕事をするのではなく、早い段階から会社員の副業をしながら別の部分で収入を増やそうと考える人がいるのです。

これは、メインの会社の仕事をしっかりとこなしているのであれば全く問題無いことであるといえます。会社の規定からすると、副業をやってはいけないという会社は多いと思うのですが、実際はプライベートの時間は自分で自由に使える時間なので、会社員の副業をすることも有効であると考えるべきです。

会社の副業は、限られた時間で作業するという事が問題であると考える事もありますが、逆にこの仕事をメインでやっていくとなれば、いつまでその仕事を継続する事ができるかがポイントになってくるので、多少の問題が出てきます。

なので、会社員の副業は、メインの仕事をしながら空き時間にやる内容としてちょうど良いのです。特にネットで多くの人を集めるようなサイトを運営していると、そのサイトに集まってくる人たちがいつまでいるのかどうか気になる事があります。

多くのユーザーが集まるサイトであれば、そこに掲載してある商品を買ってくれる人が少なからずいるのです。そのような広告収入が集まっていくことによって、会社員の副業の収入をより高めてくれるのです。

しかし、ネットで検索してその情報を探してくる人が少なくなる可能性もあるし、検索ランキングが下がってしまう事もある事から自分で意図的に操作して売り上げを増加させるといった事が困難なことがあるのです。

いろいろ考えなくてはいけないことが会社員の副業にはありそうですが、最大のメリットはなんといっても自宅でできる仕事なので、さわざわざ休日の日に外に出ずともマイペースに仕事ができるのがいいですよね。ただ本業あっての副業なのでそこのバランスには気をつけましょう。やりすぎには注意です。

ネット副業としての広告収入と転売

ネット副業のよさは、自分の自宅でできること、そして会社によっては副業を禁止されているところであっても見つかることなくできるというメリットがあるのです。会社が終わってから他のお店などで働くとばれてしまって後で大変なことになるというリスクがないので安心して始めることができるのです。

そんなネット副業ですが、いろいろなものがあり、どれから始めたらよいのか迷ってしまうかもしれません。最初はお小遣い程度稼げればよいというくらいの軽い気持ちでスタートできます。あまり目標金額を大きくするとそれに届かなかったことでの挫折が大きくなってしまうかもしれませんし、そうなるとやる気が失せてしまうからです。少ない金額を目標にして少しずつそれをクリアして目標を上げていくことで収入を伸ばしていけるのです。

リスクが少ないネット副業としてはクリック型の広告収入というもので、これはクリックするだけで収入になっていくのです。仮にクリックがなくてもお金を請求されることはないのでリスクの全くない仕事になるといえます。広告収入を得るためには自分のブログを開設する必要がありますが、もうすでにそうした自分のブログを持っているのであればそれに広告を貼り付けるだけなので簡単なのです。そして自分としてはブログを更新するだけですのでそれほど負担になることもないのです。

もうひとつは、転売というものです。これは安く購入して、その値段よりも高く売ることで利益を得るものになります。インターネットやお店などで商品を購入して、あとはオークションなどで売るだけなのでこれも簡単であり、時には大きな利益を上げることができます。海外からの珍しいものを購入して売るということもできるかもしれません。やりがいのあるお金の貯め方ではないでしょうか。ネット副業は、このような職種のものを選べば誰にも見つかることはなくひっそりと出来るメリットがある初心者が始めることのできるリスクの少ない副業の1つになるのです。

会社員の副業に最適!合コンでお小遣い稼ぎ

会社員の副業というと、会社終わりや休みの日のみの時間だけで成立する効率の良い仕事でなければなりません。
特に、本業に悪影響を与えてしまう程忙しいものなどは、本業がおろそかになって会社での評価が下がるなど、本末転倒になってしまうケースも多いです。
そこで会社員の副業としてオススメなのが合コンでお小遣い稼ぎをする方法です。
合コンでなく単なる飲み会でもいいのですが、開催頻度を上げるとなると合コンの方が適しています。
具体的な方法ですが、合コンにふさわしいキレイ目なお店をまず会場として選びます。
この時に、出来る限り流行っていない・来客数の少ないお店を選ぶ事が大事です。
というのも、お店を普通に予約するのではなくて、お店に対して電話やメールで「合コンをよく開催していて、いま新しいお店を選んでいる。1人¥3,000のコースに対して¥500のキャッシュバックを貰っているのだが、可能であるか?」という主旨の質問をします。
売上が思うように上がっていない店舗であれば、こういった団体予約はまとまった売上になるので、ノドから手が出る程欲しいという所が多いです。
このキャッシュバック分については、¥500~¥1,000とするのが妥当です。
あまりお店に無理をさせすぎると、料理の質が落ちたりするので注意です。
この提携は個人の方でも簡単に出来ますし、実際にやっている方も東京を中心に増えて来ています。
お店が決まったら今度はメンバー集めです。
例えば5対5の合コンにするとします。
この時、あなた自身が合計9名を直接誘うのではなく、男女それぞれの(出来れば人脈のある方)へ友達を誘ってもらうのです。
女性を集める時は女性のリーダー格の方に「合コンしたいっていう男が集まってるから、友達集めてくれないかな?」という声掛けをしていきます。
このやり方で5対5の状況を作るのはそんなに手間の掛かる事ではありません。
あなたを除いた参加者数×¥500~¥1,000がお小遣いとして入り、且つ人脈がどんどん広がるため、次回開催が簡単になっていきます。
嘘みたいな話ですがこんなお金を増やす方法で年商3億の合コンマッチング・飲食店支援サービスの会社を運営するに至った人もいるくらい、意外にも会社員の副業としては有効な方法なのです。