クレジットカード現金化を取り締まる法律はありません。それでも、他の法律を援用することによって業者は違法になる可能性はないではありません。しかし、利用者が法律違反として摘発される可能性は非常に薄いと言わざると得ません。それは利用者にとってはクレジットカード現金化は違法と合法の区別がつきにくいという面があるからです。しかし、利用者にとってもリスクがないわけではもちろんありません。利用者にとっての利用をするリスク主に二つが考えられます。

一つ目はクレジットカード現金化はクレジットカード会社とのクレジットカード利用者との間に結ばれている利用規約に明らかに違反することになります。クレジットカード会社の利用規約に合意しているからこそクレジットカードを利用できるののですから、利用規約に違反していることがクレジットカード会社に知られるとクレジットカードの強制解約をさせられてしまいます。カード現金化はリスクのある方法です。そして、規約違反に対する解約ですから、それまでの利用残高のすべてを一括返済するように請求されてしまいます。受け取った現金に利息をつけて即時返済を請求されるという全くシャレにならない状況になってしまうのです。

そして現在ではクレジットカード会社同士の情報の共有が進んでいますから、他のクレジットカード会社でもクレジットカードを作ることはまずできないと考えていいでしょう。おそらくは、それ以降はクレジットカードは一生作れないと思った方がいいでしょう。

二つ目にはクレジットカード現金化をすると自己破産ができなくなる可能性があることです。悪意がないと裁判所に判定されなければ、自己破産はできません。債務者にとって、最後に残った手段が自己破産であることが多いですが、その最後の手段までもできなくなってしまうということはなかなか厳しいペナルティを言わざるを得ません。クレジットカード現金化をしようとする人はこのリスクを覚悟して利用しなければなりません。