【記事】副業やネットについて

在宅ワークは社会とつながる手段!

子育て中の母親や、家で介護をしている人たちにとって、家庭だけが生活の場になってしまうのは耐えられないことです。自分だけが社会から取り残されたように感じてしまい、寂しい思いをします。自尊感情が衰えて、生活する意欲も衰えてしまいます。

そんな時に何か在宅ワークをすると、社会とつながっているという気持ちがわいてきて、生きる活力になります。給料は時給にすれば大したことがなくても、ほんのわずかでもお金を稼いでいるんだという自負が生きていくうえで大きな力に変わっていきます。

パソコンを使った在宅ワークは多くあります。育休中の女性が会社や役所の仕事をすることもあります。子供が寝ている間、子供が家で遊んでいる間など作業に書かれる時間は限られますが、少しでも在宅ワークをこなしていくと、育休明けに復帰したときに役に立つことでしょう。社内の変化や役所内の変化に対応できると思います。

親の介護が大変で会社を辞めざるを得なかった人にとって、在宅ワーク形で何か仕事を続けられれば、自分一人だけではない、社会とつながっているという安心感が生まれます。収入はかなり減ってしまうでしょうが、介護休暇だけではできなかったことができると思います。人との交流が極端に減ってしまうでしょうが、仕事の打ち合わせに必要なメールや電話は人と触れ合ういい機会です。

在宅ワークは自分の好きな場所ですることが可能です。都会の喧騒と人混みに飽きた人が、相当な田舎に引っ越してきてそれまでのコンサルタントの仕事を続けるという例もあります。パソコンがネットにつながる環境があれば、世界の経済情報は田舎でも瞬時にわかります。都心にいた時と同じように情報を発信することができます。必要があればメール、電話、スカイプなどで情報交換はできるので、田舎に住んでいても仕事上不便だということはないようです。

時代の変化とともに仕事の形態も多様化しています。自分の現在の状況に合った何らかの方法で社会とつながっていけると生活が豊かに感じられるでしょう。

社会における新しい働き方としての在宅ワーク

在宅ワークとは、かつて内職と呼ばれていた家庭内副業の意味合いで使われることの多い言葉だと思います。外に働きに出ることが難しい主婦や、お年寄りなど無職の方、あるいは給与所得のある会社員であってもお小遣い稼ぎのために、家でこっそりと行なうのが在宅ワークのイメージではないでしょうか?

しかし、家にいながらにして仕事ができるという利点が、近年では特にインターネットの普及に伴って注目され、SOHOという言葉の流行に見られるような、ホームオフィスという形態で在宅で働く人が増えていると言われています。

また、同時に近年進んでいる雇用形態の多様化も、在宅ワークという働き方を社会的に位置付けている下地と見られています。広義では、自営業者も自宅で事業を行なっていれば在宅ワーカーと呼べるでしょうから、元々珍しいものではないのかも知れませんね。

在宅で働くメリットと言えば、やはり何と言っても家にいながらにして仕事ができるという点です。毎日の出社の必要がなく、朝の仕度、通勤時間、混雑などのコストを最小限にできる、職住近接の究極と言える環境です。インターネットなどの通信網を活用すれば、頭数を一か所に集める必要もなく仕事を割り振りできるので、大企業も社員に在宅勤務をまかせていることがあります。

都市部では出勤時間で発生する混雑や渋滞が問題となっているので、在宅ワークは社会的に要請されているものなのかも知れません。自由業、フリーランスの個人事業者の方達は、オフィスワークである場合、共同で働ける部屋を借りる、コワーキングという形態を選んでいることもあるようです。人によっては家の中では仕事に集中できないという性格の人や、朝に外の空気を吸いたいというような気分的な好みがあるでしょうから、基本的に在宅ワーカーの数は一人ひとりの向き不向きが反映されているのが実状だと思います。それでも歴史的に見れば人類はかつてないほど家にいる時間が長くなっているはずですので、在宅ワーカーはこれからも確実に増えていくと考えてよいでしょう。

スマートフォンアプリで出来るアフィリエイト副業!

多数のアフィリエイト広告を集めたウェブサイトは、ASPサイトと呼ばれています。
ASPサイトに集まっている広告の中から理想的なものを見つけて、自分のウェブサイトに貼り付けるのが基本的なアフィリエイトの手順です。

スマートフォン向けのASPサイトが充実

アフィリエイトの始まりはパソコンとインターネットの普及が関係しているため、パソコン向けのASPサイトが主流でした。しかし最近では絶対的な存在だったパソコンは、スマートフォンに生活必需品の立場を奪われつつあります。1台のスマートフォンを持っていれば、インターネットにアクセスして情報収集する事が可能だからです。

スマートフォンの需要の高まりによって、パソコン向けに限定されていたASPサイトは変化を遂げました。変化とはスマートフォン向けの広告を取り扱うようになった事です。パソコンのアフィリエイト広告を扱わないで、スマートフォンだけに絞っているASPサイトも登場しています。

掲載先はウェブサイトだけに限定しなくても問題ない

ASPサイトの役目はスマートフォン版も従来のタイプと違いがありません。

しかしスマートフォン版のASPサイトの広告の中には、過去にはあり得なかったタイプが登場しています。それはウェブサイトではなくアプリケーションに貼り付ける広告です。スマートフォン向けのアプリケーションはアフィリエイト広告を貼り付けられる仕様になっており、製作者に報酬が支払われる仕組みになっています。アフィリエイト収入が得られる事をアピール材料にして、アプリケーション開発を普及させたい意図があるからです。

従来のアフィリエイト広告は、必ずウェブサイトを用意する必要がありました。広告の掲載先が何処にも存在しなければ、クリックや商材の利用に至る事はないからです。スマートフォンの普及で広告の掲載先の選択肢が多くなった点は、アフィリエイト分野の大きな進歩だと言えます。

アプリケーションの人気を上げるのが重要

アプリケーションにアフィリエイト広告を貼り付けられるようになり、ウェブサイトの運営を行わなくても済むようになりました。

しかしウェブサイトの運営と同様に、アプリケーションも人気を上げなければなりません。
アプリケーションの人気が無ければ、ダウンロードされる事はありません。ダウンロードされなければ広告表示されないので、クリックや商材利用という成果に繋がらないのです。

アプリケーションの人気を上げてアフィリエイト収入を得るには、日頃の情報収集が重要になります。
スマートフォンユーザーの不満が分からなければ、何を目指してアプリケーション開発すればいいか分からないからです。

そして人々の悩みの中には、スマートフォンで解決出来ないものもあります。
スマートフォンの領分で解決可能な物事を見つける事が、アプリケーションの人気向上に至る道です。個人の頭の中で悩んでいても発見は難しいため、周囲への観察が効果的な方法になります。

宣伝用のウェブサイトが収入源になる

ウェブサイトを使わなくても、アプリケーションによるアフィリエイトは確かに可能です。

しかし本当にアフィリエイト収入を望んでいるなら、ウェブサイトを活用しない手段はありません。
アプリケーションの宣伝を行うには、ウェブサイトが格好の場所だからです。ウェブサイトは工夫次第でいくらでも見栄えを良くする事が出来ます。文字だけを送信するソーシャルメディアを使うより、ウェブサイトにきちんとしたコンテンツを作成した方が宣伝効果が大きいのです。

そしてウェブサイトに人が集まるようになれば、アフィリエイト収入が期待出来るようになります。
アプリケーションとウェブサイトの2つに広告を掲載した方が、アフィリエイトの収入が増加するのは道理です。多くの人を集められる広告の媒体は、所有数が多い方がアフィリエイトにおいて有利になります。アフィリエイト収入の設定額が大きな目標であれば、アプリケーションに限定しない姿勢が大切です。

1台のスマートフォンがあれば稼げる

アプリケーションやウェブサイトの更新は非常に大変な作業です。
少なくとも従来型の携帯電話が主流だった時代では、パソコン無しでは不可能でした。
それが大きく変わったのはスマートフォンが登場した事が契機です。スマートフォンのフリック入力は、習熟すればキーボード並みの速度を実現出来ます。携帯端末であってもパソコンと同じレベルのスピードで、プログラミングが行えるという事です。

そしてウェブサイト構築やアフィリエイト広告に関するサービスも、スマートフォン向けを中心に充実し始めました。スマートフォンだけでアフィリエイトを行いたいというユーザーの声に応える形で、アフィリエイター向けのサービスが劇的に進化したのです。

現代の日本人は大半が1台のスマートフォンを所有しています。スマートフォンが登場したばかりの頃は、高機能な携帯電話に過ぎませんでした。しかしサポートサービスの充実によって1台のスマートフォンさえ所有していれば、アフィリエイトに関する作業は問題なく行えるようになっています。