在宅ワークは社会とつながる手段!

子育て中の母親や、家で介護をしている人たちにとって、家庭だけが生活の場になってしまうのは耐えられないことです。自分だけが社会から取り残されたように感じてしまい、寂しい思いをします。自尊感情が衰えて、生活する意欲も衰えてしまいます。

そんな時に何か在宅ワークをすると、社会とつながっているという気持ちがわいてきて、生きる活力になります。給料は時給にすれば大したことがなくても、ほんのわずかでもお金を稼いでいるんだという自負が生きていくうえで大きな力に変わっていきます。

パソコンを使った在宅ワークは多くあります。育休中の女性が会社や役所の仕事をすることもあります。子供が寝ている間、子供が家で遊んでいる間など作業に書かれる時間は限られますが、少しでも在宅ワークをこなしていくと、育休明けに復帰したときに役に立つことでしょう。社内の変化や役所内の変化に対応できると思います。

親の介護が大変で会社を辞めざるを得なかった人にとって、在宅ワーク形で何か仕事を続けられれば、自分一人だけではない、社会とつながっているという安心感が生まれます。収入はかなり減ってしまうでしょうが、介護休暇だけではできなかったことができると思います。人との交流が極端に減ってしまうでしょうが、仕事の打ち合わせに必要なメールや電話は人と触れ合ういい機会です。

在宅ワークは自分の好きな場所ですることが可能です。都会の喧騒と人混みに飽きた人が、相当な田舎に引っ越してきてそれまでのコンサルタントの仕事を続けるという例もあります。パソコンがネットにつながる環境があれば、世界の経済情報は田舎でも瞬時にわかります。都心にいた時と同じように情報を発信することができます。必要があればメール、電話、スカイプなどで情報交換はできるので、田舎に住んでいても仕事上不便だということはないようです。

時代の変化とともに仕事の形態も多様化しています。自分の現在の状況に合った何らかの方法で社会とつながっていけると生活が豊かに感じられるでしょう。

SNSでもご購読できます。